Bible Japan … I for Japan; Japan for the world; The World for Christ!

ビジョン

聖書と日本フォーラム 会長挨拶 畠田 秀生

20177月現在


私たちの国、日本はまさに神さまの贖いの賜物の国です。

贖いの賜物とは、人類が神さまの愛とその計画を知るために、この世にひとり子イエスを遣わしてくださったほどに愛しておられることを知るために、その国々の歴史と伝統文化の中に備えておられるものです。それらを探り知ることによって、創造者なる神様を知ることも可能です。そして幸いを得ることができます。

そのために私どもは23年にわたって日本各地で大会を開いてきました。2008年15回大会は、兵庫県の曽根天満宮で行われた一ツ物祭り(クリスマスを思わせる子どもがテーマである祭り)に合わせて開きました。2010年は京都天橋立の籠神社〔元伊勢〕のルーツを探り、2011年は九州大分県宇佐八幡宮近くで秦氏のルーツの場所、そして2012年9月には空海の真言密教は景教(東方キリスト教)からものである痕跡から学びました。

すべての大会、研修会の研究メッセージは機関誌に報告しております。なお、CD、映像のDVDが用意されています。リストもありますのでお申込みください。

本は不思議な国です。イスラエルも不思議な国です。歴史的にも政治的にも共通している点が多く、アブラハムを先祖に同じくするしるしと歴史痕跡があります。聖書預言の世界平和と救い主の来臨への摂理の中で、日本民族がどのように関連しているかが分ります。私たちはそれを踏まえて、この日本への福音の伝播を聖書のことばからを土台にしています。世界の国々の中でクリスチャンの数が人口比率に関しては、日本とイスラエルがほとんど同じとは不思議です。偶然とは思えません。それは、全知全能の造物主、唯一なる神の御計画の中心であるイスラエル12部族に、日本が関係しているからでしょう。

魂の価値、永遠の世界とは、イエスを信じる信仰から生じます。それが聖書のことばです。新しく造られることこそ重要なのですが、両国とも同じく約1%であるイエス信仰者数は、何を物語っているのかも不思議です。このようなキリスト信者のマイナー状態がイスラエルだけでなく日本においても、いつまでも続くはずがありません。神の救いがイスラエル(ユダヤ民族を含む)に及ぶのが、回復預言です。〔ローマ11章〕

神さまの恵みと賜物が日本に注がれています。日本人の自覚、そして自立が呼び覚まされるためのご協力に感謝します。

生ける神のみことばである聖書の愛、救い、信仰をもって平和な世界への実現に日本国民が大いに貢献する日も近いと信じます。

またこれらの働きのために、率先して協力して下さる方の連絡をお待ちしております。今、私たちの働きの内容を書き込むホームページが開示中。諸先生方のメッセージも聴くことができます。ご意見を掲示板にどんどんお願いします。会員の皆様のご参加とともに情報と案内があります。www.biblejapan.info は頻繁に更新されています。私、会長のCGNTVの「本の旅」番組コーナー(新設)で視聴可能です。

員の皆様の町々で「聖書と日本フォーラム」のセミナーや講演会、学び会を小さなものから始めています。現在大阪、東京、沖縄、京都、仙台、福島の各地区で集まりと会員の方々の交わりがあります。全国展開して行く計画が進展中です。

2015年から沖縄支部、関東支部、京都、また大阪にてセミナー並びに研修会合が開かれております。仙台、姫路、浜松でも近く支部活動開始予定です。毎回の案内は毎月発行の機関誌に掲載しております。

2016年5月26,27日とG7伊勢志摩サミットが開催されました。勢志摩に事務局と研修センターを開設し、13年が経過したときです。

2016年1月現在、会員人数402名。亡くなられた方、退会、連絡がない会員などが約150余名ですが、23年間の働きのもとで、着実に成長してきております。

会員には、機関誌ニュースレターを兼ね毎月(2月・8月に休刊するときがあります)配布。

準会員(会費未納者=大会に集ったことのある人々、または会員の方たちからの紹介で関心を抱かれた人)は540名(名簿有)には、機関誌を不定期配布しております。 

追伸:この会費(年毎更新1月~12月1万円)よりこの会は運営されておりまして、現在キリスト信者のみならず、多くの人々から日本の不思議に目覚め、聖書に親しみ始めたと連絡があります。

 

聖書と日本の学び・登茂山研修センター最新活動報告と日程予定

○ 第7回研修会は2006年3月8日~15日イスラエル旅行、現地研修。

団長=会員大内勲、研修責任者副会長畠田秀生。飛鳥昭雄氏と学研編集長三神たける氏同行。現地にて日本とイスラエルの関連を学び、失われた10部族を探している『アミシャーブ』のラビ、アビハイル師(2015年没)2時間のインタビュー。その結果、アビハイル師と他一名が2007年3月、また2010年6月にはア師と息子ダビデ師が日本に古代イスラエル渡来、定着していることを調査するために来日。

○2014年の総会長野県茅野市「御頭祭」4月14-15日(茅野キリスト教会、上社前宮のすぐ近く)で開催。研修講演は久保有政師「御頭祭とアブラハムの神事」。畠田秀生会長の「聖書預言と日本とイスラエル」

  • 2014年20回大会は東京にて10月12日(日)と13日(月・祝)浅草の曳舟文化センターにて。講師としてイスラエル大使ルツ・カハノフ女史、「イスラエルと日本の結びつき」。久保有政師「三囲神社秦氏と3本鳥居の奥義」。会長「エフライム日本の預言」講演。100名を超える参加。

恒例の2015年428日、29日春の総会は、奈良県葛城社会教育センター「かつらぎの森」にて開催。元駐日イスラエル大使エリ・コーヘン氏の講演。

○2016年総会は、関東支部委員により東京YMCAホールにて4月28,29日開催されました。講演は樋口隆一氏と久保有政氏でした。

会員の皆様への催しとしての年一度の秋の大会に代わり、地方支部活動を中心に進めており、準備が滞りなく行われる見通しがつくまでは、大会は一時中止となっております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

支部活動を中心にこの会は現在活動中です。それぞれの支部の会合にぜひ出席していただきたく、機関紙またはこのホームページの案内を参考にしていただければ幸いです。

 

PAGETOP
Copyright © 聖書と日本フォーラム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.