Bible Japan … I for Japan; Japan for the world; The World for Christ!
コラム(雲の柱)

雲の柱

2022年1月 許される罪と赦されない罪

昨年の総決算をして新しい年を迎え、新しい心で新しい希望を抱いて今年を始めたい ▼赦されない罪を犯してはいなかったか。聖霊を汚す罪は赦されないとイエスは言われた。「天路歴程」を書いたジョン・バニヤンは悩んだ ▼パリサイ人は …

2021年12月 ミュンヒハウゼン症候群

恐ろしい病気があるものだ。昨年五月入院していた一歳の娘に治療に不必要な薬物を投与した母がいた。この母は子供を病気にさせ、自分に注目を集めようとする「代理ミュンヒハウゼン症候群(MSBP)」という病気だという。自分が周囲の …

2021年11月 軒下貸して母屋取られる

 一部を貸したために全部が奪い取られ、保護したのに恩を仇(あだ)で返されるの意。基点がぐらつくことである。その道を見つけたにもかかわらず、親切心、親心、いっとき軒下を貸したつもりが、信仰から来るいのちを奪われると一大事で …

2021年9月 勇気ない保身者

盲人が盲人を手引きするとふたりとも穴に落ちこむ、というのはイエスの有名なたとえ話。盲導犬が赤信号の時、主人の「ゴー」のことばに従うなら危険きわまりない。東京オリンピック開催を通して、多くの素朴な人々が迷いの中に右往左往し …

2021年7月 獣の刻印とワクチン

全日空の機長さんとスポーツジムで親しくなった。飛行機は絶対に落ちないようにできていると太鼓判を押してくれた。「花火を上から見るのは美しいですよ」と笑った。整備不良や何がしかの不可抗力的な事故で大惨事が起きているのも事実だ …

2021年6月 大きな偽り

日本の商法では偽物を購入しても違法とはならない。しかしそれを再販目的での仕入れは違法となる。海外で偽物ブランド商品を購入した場合は輸入禁制品として入国時に税関で没収される。 ▼この世を支配している闇の王悪魔は偽りの父とイ …

2021年5月 蛇の狡猾さ

SNS、YOUTUBEは地上波TVや大手新聞より幅広い情報を提供する。専門家でない人もコロナ禍状況を解説する。生命の危険が問題視されているがため情報が錯綜するのは仕方がない。ある物理学者は自然界の法則には詳しいが神さまの …

2021年4月 ウイルスの遺伝子を人に入れて大丈夫なの?

感染症予防の最も重要な効率的な手段ワクチンは、病原体から作られた無毒化、弱体化された抗原を投与し、体内に既存する抗体産生を促し、感染症に対して免疫を得させる。 ▼今回のコロナ感染予防のためワクチンは今までの方式である病原 …

2021年3月 失望の果てに

孫に会えない。楽しみの少ないおじいちゃんにとってこれは失望の横綱級。緊急事態宣言も野党の糾弾の声も建設的精神を萎えさせ、与党の型通りの返答も大関級の失望。教育者、宗教家を見て失望する。韓国の遺恨外交、中国の覇権主義、アメ …

2021年2月 交差点の警察官

交差点で交通整理をしている警察官の方が信号機よりも権威がある。何かの不都合で警察官がそこにいるのであろう。信号機よりも警察官の指示に従うので歩行者も車も混乱しない。もしその警察官が緊急車両や歩行者の便宜を図らねばならない …

1 2 3 12 »

おすすめコンテンツ

PAGETOP
Copyright © 聖書と日本フォーラム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.