トランプ大統領の支持率が就任一ヶ月で四十五%、歴代最低だ。アメリカ社会の分断が深まっている。NZ滞在三週間で何人ものキウイからも中国人からもトランプをどう思うかと問われた。「日本人として自立するいいチャンスを与えてくれている」と応えるとうなずく人が多かった▼彼はバビロン捕囚時ユダヤ人が自国のエルサレムに帰って神殿を再建する許可を与えたペルシャの王クロスの再来だ。神の本来の意思を知らないで彼は神に動かされているという人もいた▼全く問題にならないバカ者だ、いや彼は我々が思っているよりも期待できる人だ▼ヒラリーよりましだ。二つの悪の一つを選ばねばならないとき、悪の少ないほうを選ぶしかない。しかしどちらにしても悪は悪だ▼堕胎を許さないと言ったのでアメリカのキリスト教信仰者が彼を選んだ、という人もいた▼米国は三億二千万人もいて二人のあのような人しかいなかったのか、私たちNZ人四百六十万人の中からでももっとマシな人物は何人でもいる、とアメリカが大国でありながら徳の程度の低さを嘆く人もいた▼神は実によって見分けなさいと言う。この世で「切り札」となる人物は、天と地の権威を持つ人イエスの声に従う人である。

著者紹介

畠田 秀生
畠田 秀生

聖書と日本フォーラム会長。聖書日本キリスト教会・登茂山の家の教会牧師。三重県志摩市在住。